Stream Side

ss7masa.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 10日

源流へ

a0164816_21382762.jpg

4年振りに山口の凄腕O氏に同行させてもらう、源流域を攻めるということで朝9時に渓に入り脱渓は夕方5時。超疲れましたが、いい釣りandいい勉強させてもらいました東北の広々とした川でおおらかな魚を相手してた自分に喝を入れられた。




a0164816_2149144.jpg

Lesson 1:まずはしっかり魚を見つけて釣る事
東北で魚を見つけて釣る釣りをしてきたつもりですが、やっぱりO氏にはかないませんO氏に魚の位置を教えてもらっても偏光ナシでは殆どわからず(昔からO氏は偏光グラスかけないので裸眼でいとも簡単に魚を見つけます)。岩盤沿いに定位してるのをO氏に見つけてもらって掛けた1匹(大きい方26~27ってとこか)同じプールでライズを見つけてO氏が掛けてツーショット。
a0164816_2204096.jpg

Lesson 2:フォルスキャスト無しで一振りでプレゼンする事
源流域は比較的水深のない浅いプールが多くフォルスキャスト一振りで魚に走られてしまう、障害物をさけて一振りで19ftのリーダーをターンさせてプレゼン、キャスティングレベルを問われる釣り(ちなみにO氏は20ft超のリーダーを源流域でも使います)浅場をクルージングしているのをまたまたO氏に見つけてもらって掛けた1匹(こいつも26~27ってとこ)。
丸々と太って斑点も大きくアメマスぽい超美形のメスゴギ、源流にしてはこの渓のゴギは皆丸々と太っていい体型している。
a0164816_22514976.jpg

a0164816_22175746.jpg

Lesson 3:障害物があってもスパッとフライを入れる事
狭いスペースにタイトループでスパッとフライを入れる究極のプレゼンテーション。
岸際の大岩の前に定位しているのをこれまたO氏に見つけてもらって掛けた今日一のオスゴギ(28cm)上から木の枝が被さった超狭いスペースにたまたまうまくフライが入ってユックリとフライを咥える。ちなみにO氏はどうやってもフライ入れられんでしょうというようなポイントにもフライを入れてゴギを引きずり出します。
a0164816_22315639.jpg

Lesson 4:できるだけ遠くからキャストする事
この時期いいサイズのゴギはヒラキの超浅場に定位しているので、できるだけ遠くからまずはヒラキの浅場にフライを入れないと不用意に近づくと即走られてしまう。
ゴギ釣りはサイズは抜きにして全てのテクニックを問われる釣り、久々にO氏と同行してまたまた「目からうろこ」ガイドサービスもされてますが、魚を釣る事よりもO氏の釣りを見るだけでも元は取れますよ・・・
Oさん今日はありがとうございました、又一緒に遊んでやってください。
[PR]

by ss7masa | 2012-06-10 22:55 | Fiyfishing


<< 鮎スタート      今日はヤマメ >>